文字サイズを変更する
小
中
大
 

イベント情報

  • 9月14日
  • (長月ながつき)[木曜日]
  • 赤口 甲辰 旧暦:7月24日 月齢:23.36

敬老の日特別体験・おじいちゃん、おばあちゃんに感謝の気持ちをプレゼントしよう!
開催場所
藤岡市・土と火の里公園
問い合わせ
0274・28・0385(土と火の里公園)
 マーブル染めのメッセージカード作り(千円)、湯飲み茶わんの絵付け(1700円・送料800円、10日までに体験すれば敬老の日までに完成)、メッセージや名前を入れられるグラス作り(1500円)を体験できる。9~16時。


第3回出張緑化講座
開催場所
前橋市・県前橋合同庁舎
問い合わせ
0276・88・7188(県緑化センター)
 園芸研究家の倉林輝生さんが「もっと楽しみたいサボテンや多肉植物の種類と育て方」と題して講演。10~12時。先着60人。8月28日8時半から電話申し込みを受け付ける。


無料体験「シルクのキャンディマグネット」
開催場所
高崎市・県立日本絹の里
問い合わせ
027・360・6300(県立日本絹の里)
 「群馬のシルクアーティスト2人展『大竹夏紀・寺村サチコ』」の関連行事。シルクの布にスタンプを押して模様を染め、キャンディー形のマグネットを作る。小学3年以下は保護者同伴。10時と13時半。各回30分前から受け付け。9月18日、10月7・14日も開催する。観覧料一般200円など、小学生以上各回先着20人。


コラージュライブ
開催場所
高崎市・高崎シティギャラリー
問い合わせ
027・328・5050(高崎市・高崎シティギャラリー)
 道化師のYEN TOWN FOOLs、マジシャンのジン・マサフスキーさん、ガムラン(インドネシアの民族音楽)演奏家のイチコさんが共演する。高校生以上1500円、中学生以下800円、4歳未満でも席が必要な場合有料。  時間は10時半と14時。


第21回メルヘンと遊びの世界展~見る・まわる・あそぶ
開催場所
高崎市・高崎シティギャラリー
問い合わせ
027・321・1203(高崎市文化課)
 グラフィックデザイナーで造本作家の駒形克己さんの絵本展、「世界の独楽(こま)大集結」をはじめ、工作コーナーで「クルクルワンダーランド」と手作りおもちゃ(17日まで、100円・300円)、コラージュライブ(10日、1500円)などを楽しめる。事前予約制で17日に駒形さんのワークショップ(500円)、18日に「こまのおっちゃんのこまのサーカス」(同)を行う。9・10日は同ギャラリーハローフォーラムで「縁日広場」を開催。サテライトスタジオのシネマテークたかさきでは、22日まで「ブレンダンとケルズの秘密」を上映する。映画一般1500円・当日1700円など。10~17時。


クラフトテープカゴ講座
開催場所
沼田市・サラダパークぬまた
問い合わせ
0278・23・9301(サラダパークぬまた)
 クラフトテープを使って、オリジナルの鉢カバーを作る。講師は片品村在住で、フラワー装飾技能士1級の星野江里さん。10時半と13時半。前日までに申し込む。10月12日も開催。参加費2千円。


前橋文学館第31回定期コンサート シンガー・ソングライター 小暮哲朗
開催場所
前橋市・前橋文学館
問い合わせ
027・210・3172(T・K・M)
 全国のFMラジオに出演するとともに、多くのアーティストに楽曲を提供している小暮さんが、「REMEMBER」「ワタスゲの雪」「前橋市旧町名めぐりうた」(前橋市制120周年の記念曲)「BENTENストリート」などを歌う。ゲストは柳沢あつおさんとBENTENガールズの小林雅代さん。3千円・当日3500円。18時


絵と言葉のまじわりが物語のはじまり
開催場所
太田市美術館・図書館
問い合わせ
0276・55・3036(太田市美術館・図書館)
 「本と美術の展覧会」の第1弾。荒井良二さん『えほんのこども』、安西水丸さん・村上春樹さん『ふわふわ』、酒井駒子さん・中脇初枝さん『こりゃ まてまて』、ザ・キャビンカンパニー『よるです』の絵本原画全点を、その言葉と共に紹介。2階は小説家の長嶋有さん、福永信さんと太田市出身の画家・須永有さんの絵画と言葉にアプローチする展示。一般500円など、月曜休館。


親子流しうどん体験
開催場所
みどり市・小平の里
問い合わせ
0277・73・2006(みどり市・小平の里)
 9月24日まで。半分に割り、つなげた竹に流したうどんをすくって食べる。1人800円。3人以上で希望日2日前までに申し込む。雨天中止。


手作り紙芝居講座
開催場所
沼田市立図書館
問い合わせ
0278・22・0550(沼田市立図書館)
 25日・6月14日・7月20日・8月18日・9月27日の全5回。時間はいずれも13~16時。講師は子ども文化研究家の中平順子さん。紙芝居の話の作り方や脚本づくり、脚本から絵を描く方法などを学ぶほか、参加者の作品発表も行う。事前に申し込む。