文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

厳しい監視実態解明へ 草津・楽泉園「門衛所」跡地を調査 

更新日時:2017年10月12日(木) AM 11:00
 群馬県草津町の国立ハンセン病療養所「栗生楽泉園」で、重監房(特別病室)を監視する職員が詰めていた「門衛所」跡地の発掘調査が11日、始まった。

 1カ月にわたり300平方メートルの跡地を調べ、強制隔離や懲罰施設の実態解明に向けた手掛かりを探す。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

整地作業する作業員