文字サイズを変更する
小
中
大
 

全国のニュース

インフル流行、ピーク越え 46都道府県で患者減少

更新日時:2017年2月17日(金) PM 05:38

 厚生労働省は17日、全国約5千の定点医療機関から12日までの1週間に報告されたインフルエンザの患者数は、1医療機関当たり28・57人で、前週の38・14人から減少したと発表した。今シーズンで最も多かった前々週(39・41人)から2週連続で減り、全国的に流行のピークを越えたとみられる。

 秋田県以外の46都道府県で前週より患者数が減少した。厚労省は「流行中に変わりないので、引き続き手洗いや、せきエチケットなどの感染対策を」と呼び掛けている。

 1週間に医療機関を受診した全国患者数は推定約151万人。都道府県別で1医療機関当たりの報告最多は高知の41・63人。