文字サイズを変更する
小
中
大
 

全国のニュース

中国公船が青森沖領海内に侵入 海警局の2隻、海保初確認

更新日時:2017年7月17日(月) PM 10:41

 第2管区海上保安本部(塩釜)によると17日、青森県沖の領海内を中国海警局の船2隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。2管本部は、この海域で中国公船の領海侵入を確認したのは初めてとしている。2隻は今月15日に九州北部沖で領海に侵入したのと同じ船で、2管本部が警戒を続けている。

 2管本部によると、17日午前8時5分ごろから20分ごろにかけ、海上保安庁の巡視船が青森県の艫作崎沖の領海に海警局の船2隻が侵入したことを確認。海保が無線で注意を呼び掛け、2隻はいったん領海を出たが、約2時間後、津軽海峡の竜飛崎沖の領海に再び侵入した後、領海を出た。

 青森県沖で航行が確認された中国海警局の船=17日(第2管区海上保安本部提供)