文字サイズを変更する
小
中
大
 

ジュニア俳壇

選者・鈴木伸一
2017年3月23日付 上毛新聞掲載 
パンジーのともだちできたよチューリップ
前橋荒子小1年 しばたなるみ
【評】パンジーのとなりに、おくれてチューリップがさいたのでしょう。友だちができて、パンジーもうれしそうです。
しもばしらじめんがシャリとおどったよ
前橋永明小1年 あらいまお
【評】しもばしらをふむと、じめんがすこしうごくかんじがします。それを「おどった」とひょうげんしたのでしょう。
おもいでがいっぱいあったいちねん生
共愛学園小1年 しおざわほのか
【評】あたらしいがっこうのさいしょの1年生として、いろんなけいけんができました。このおもいでをたいせつにね。
ふくじゅそうみんなそろってくちあけた
前橋山王小1年 いわぬまあゆみ
【評】たくさんのフクジュソウが、いっせいにさいています。みんなで口をあけてわらっているようで、たのしいです。
春の朝光かがやくぼくと空
前橋駒形小2年 細川はるま
【評】空だけでなく、はるま君もかがやいているというのがいい。明るい春の朝らしい、生き生きとしたはいくです。
海いくと大きなたいようしずんでく
伊勢崎三郷小2年 おか田大が
【評】たしかに、海にしずむ太陽は大きく感じられます。とくに群馬には海がないので、いっそう感動的に見えますね。
雪がとけこうていはもうちゃいろだよ
沼田東小2年 まつもとあまね
【評】校庭の雪がとけて、茶色のじめんが見えてきました。こうして、きせつはだんだんと春にむかってゆくのです。
いもうとと分けておいしいひなあられ
前橋天川小3年 三木優里乃
【評】妹さんと分けて食べるから、ひなあられもいっそうおいしく感じられるのです。仲がいいって、すてきなこと。
妹のランドセルまだ箱の中
前橋山王小3年 内田かえでこ
【評】妹さんは、4月から1年生になるのでしょう。まだ箱に入ったままのランドセルを出す日が待ち遠しいですね。
春風がおどっているよ歌っているよ
伊勢崎北二小3年 本間 心音
【評】「いるよ」のくり返しのリズムが楽しいですね。心音さんも春風といっしょにおどり、歌っている感じがします。
6だんのとびばこできたよ風光る
沼田東小3年 はなもゆいな
【評】いかにも春らしく明るい季語である「風光る」が、とびばこをとべたうれしさを、とてもよくあらわしています。
大けやき春の風につつまれて
前橋大胡小4年 井田 芹那
【評】大胡小のケヤキは、本当に大きいです。それが春風につつまれていると言われると、とてもいい気持ちがします。
なわとびがきらきら光る春の朝
前橋大胡小4年 斎藤 毬花
【評】子どもたちがなわとびをすると、春の朝の日差しに、きらきらと光るのです。明るく、健康的なところがいい。
さむい朝せんたく物がたえている
前橋山王小4年 田村 朋花
【評】「たえている」というふうに、せんたく物を人間のように表現したことで、寒い朝の情景が目にうかんできます。
きもちいいなおひさまぴかぴかひかりのはる
前橋永明小1年 たけちまな
はるそこださくらのつぼみみつけたよ
前橋粕川小1年 松村美桜奈
トントンピなわとび大かい音ひびく
共愛学園小1年 うち山せ名
えのきがねひゅうひゅうとゆれるかぜがふく
前橋下川淵小1年 うち山ひめ
つうがくろうめがさいてるまがりかど
高崎佐野小1年 あべ小なつ
はるのひにおにわに出たよはなきれい
伊勢崎三郷小1年 よこぼりまり
サッカーでドリブルれんしゅう春の空
前橋山王小2年 おか田ゆうた
ひるやすみおそとにいけばぽっかぽか
伊勢崎北二小2年 さとうはな
妹とえ顔でかざるおひなさま
沼田東小2年 せとみれな
箱詰の文旦春をつれてきた
前橋天川小3年 押本 尚大(たかひろ)
寒い日もなわとびの音ひびいてる
前橋大胡小3年 酒井 美羽
春の風光る道路をわたってる
前橋桂萱小3年 しのはらゆか
お父さんと春を見つけた畑道
前橋山王小3年 岩沼  岬
二重とびみんなの音が楽しそう
高崎南小3年 石坂 愛夏
教室のカーテン開けたらいいひざし
伊勢崎北二小3年 東とくたろう
体育で台上前転春の風
沼田東小3年 河内 花帆
走ってはまた歩いたり春の道
前橋大胡小4年 千葉 志織
早春に歌声ひびく体育館
前橋大胡小4年 松井ななみ
登校中ゆっくり見たいな梅の花
前橋山王小4年 須田祐梨菜