文字サイズを変更する
小
中
大
 

ジュニア俳壇

選者・鈴木伸一
2017年2月23日付 上毛新聞掲載 
ゆきのつぶわたしのまゆげにのったんだ
前橋荒子小1年 おの かほ
【評】ちょっと大きめのゆきのつぶでしょうね。まゆげの上で、とけてながれてゆくかんじが、よくつたわってきます。
空の下なわとびする子がんばる子
前橋大胡小1年 上はらりく
【評】ひろい青空の下で、なわとびをがんばる子どもたち。そのすがたがとてもすてきで、おうえんしたくなります。
せんたくのあとのママの手つめたいね
前橋山王小1年 こばやしゆの
【評】せんたくをしてつめたくなったお母さんの手を、ぎゅっとにぎってあげたのです。そのやさしさがすばらしい。
ぼくとあねかずをかぞえていちごがり
高崎馬庭小1年 たかはしあれん
【評】おねえさんといっしょにするイチゴがりは、たのしいですね。さて、2人でイチゴをいくつたべたのでしょうか。
楽しいな音楽ににて雪がふる
前橋永明小2年 遠どうりせ
【評】雪のふり方にもリズムがあって、それを音楽と感じたのでしょう。童謡のメロディーも思いうかんで楽しいです。
いいにおいみかんむいたらあふれるよ
前橋粕川小2年 なかじまゆづき
【評】ミカンをむくと、いいにおいがひろがります。それを「あふれる」と表現したのですが、とても実感があります。
ふゆの日にあさからはいくかんがえる
前橋駒形小2年 きぐれまお
【評】冬のさむい朝は、かえってあたまがさえて、いいはいくが思いつくかもしれません。たくさん作ってください。
冬の朝しもふみつづけて足ひえる
前橋大胡小3年 ぬの下あおし
【評】しも柱って、なぜかふんでみたくなりますし、ふみ続けても、あきないんですよね。その分、足はひえますが。
つららがねくるまにがっちりついてたよ
前橋月田小3年 吉田 莉桜
【評】自動車からつららがたれているのを見て、きっとびっくりしたことでしょう。ずいぶん寒い朝だったのですね。
冬の月しずかな空にぴったりだ
前橋大胡小4年 布川 ゆい
【評】静かな冬の夜空にうかんだ月は、空気がすんでいるので、一層美しく光って見えます。寒さも気になりませんね。
多読賞三学期もねもらいたい
伊勢崎赤堀東小4年 高柳 みう
【評】「三学期も」とあるので、1学期も2学期も多読賞だったのですね。これからも、読書で心を豊かにしましょう。
水面にあたってかがやく初日の出
伊勢崎豊受小4年 宮本 真帆
【評】本当に美しく、心が洗われるようなすがすがしい光景です。ことしが、とてもすばらしい年になる気がしますね。
おなべがねかぞくみんなをあたためる
前橋永明小1年 あらいまお
はるちかしがくしゅうさんかん見てもらう
前橋大胡小1年 下ざかいゆうせい
しんねんはこころをやさしくしましょうね
前橋大胡小1年 たかはしりおん
こおりはねさむいとできるガラスだよ
前橋桂萱小1年 おおさわゆうじ
おしょうがつこたつがやっぱりあったかい
前橋下川淵小1年 いいづかなつき
すごいでしょきれいにかくよあいうえお
高崎馬庭小1年 いちかわあかね
しょうぎしてしょうはいきまらぬ日がしずむ
前橋駒形小2年 ほそかわはるま
しもばしらあるくみんなの足がなる
前橋山王小2年 小井土夏み
じょやのかねはじめてきいたああねむい
伊勢崎境東小2年 ささ木大し
朝やけがフラミンゴみたいできれいだな
藤岡神流小2年 今井 愛梨
冬休みじじとおさんぽあせかいた
前橋桃木小3年 登坂 愛莉
スキー場リフトにのると風さむい
高崎堤ケ岡小3年 青木かのこ
ソリ遊び前の弟雪まみれ
前橋荒牧小4年 石田 優来(ゆら)
冬晴れだ風はふかないでも寒い
前橋大胡小4年 きざきこうた
せんたく物今日もいっぱい冬の夕
前橋大胡小4年 千葉 志織
長なわで春の風が気持ちいいな
前橋山王小4年 須田優梨亜
見上げれば心動かす冬の星
高崎金古南小4年 岸  幸暖
冬の朝すずめの鳴き声聞こえたよ
伊勢崎赤堀東小4年 遠藤 和奏
雪だるま大っきくなあれところがした
伊勢崎豊受小4年 多賀谷梨央
雪遊びたくさんあるよ何しよう
伊勢崎宮郷小4年 柳川清十郎
冬の風きんきんふいて顔いたい
富岡西小4年 平田 月斗