文字サイズを変更する
小
中
大
 

ジュニア俳壇

選者・佐藤清美
2016年8月25日付 上毛新聞掲載 
よしはれだみずぎつめこむなつのあさ
前橋大胡小1年 うらのこうき
【評】およぐのって、たのしいですよね。おてんきは、はれ。バッグにみずぎをつめこんで、うきうきとでかけていきます。
田うえのあとたにしの足あとめいろみたい
前橋山王小2年 おか田りお
【評】田うえをおえた田んぼのどろの上を、はっていくタニシ。動いたあとがめいろみたいだとは、見あきないですね。
いもほってたのしくほってかぜがふく
伊勢崎赤堀東小2年 大高  佳
【評】いもほりの楽しさがつたわってきます。いもほりのあとにきもちよい風にふかれれば、つかれもふきとびます。
じじ様に天気をきいてかさを持つ
前橋天川小3年 中原 結捺
【評】「じじ様」がすてき。じじ様はお天気のことならなんでも知っていそう。かさをもって、安心して出かけられます。
二人のかさいっせいにひらくと二つのしま
前橋荒子小3年 中林 ひな
【評】みんなは知らないと思うけれど、「ひょっこりひょうたん島」を思い出しました。二つの島でお話が作れそう。
ゆうぐれにあじさいのはなしろくさく
高崎金古南小3年 いのまたるか
【評】白いアジサイの花。夕ぐれに見るアジサイの白い色は闇にとける前で、昼間見るときより心に残るのでしょう。
いしのうらかたつむりつくきせつかな
高崎新高尾小3年 川野みずき
【評】みんな葉の上のカタツムリを俳句にしますが、石のうらまでさがしたのがよかった。たくさん見つけられましたか。
さくらんぼ箱でぎゅーっと赤い顔
前橋大胡小4年 千葉 志織
【評】「ぎゅーっと」で、サクランボがぎっしりつまっているということと、だから赤いのだということも伝わってきます。
青梅が校ていのはじいいにおい
前橋月田小4年 金沢 玲花
【評】青梅は本当にいいにおいですよね。木が校庭のはじにあっても、香ってくるにおい。さわやかな気持ちになります。
あさがおがみずをすってもあっつそう
前橋荒子小1年 きたづめももか
あさがおのおはなだいすきあかとあお
共愛学園小1年 あらいかいどう
すずむしを見つけた見つけたおとうさん
前橋大利根小2年 川村ののか
ミニトマトきょうはなんこあかいかな
前橋山王小2年 いわむらゆき
おにいちゃんのおちゃわんすごくおおきいな
前橋下川淵小2年 中林りょうま
くるくるとどこかへ行くのすいかくん
伊勢崎境采女小2年 ねぎしいちか
なつのみちきらきらしててうれしいな
富岡西小2年 田村うめの
プールのねシャワーあびるとにじがでる
前橋桂萱小3年 内田 まい
ホウセンカぐんぐんそだち花をまつ
前橋粕川小3年 ハーンさな
あせかいて一日のおふろでさっぱりだ
前橋二之宮小3年 岩上こう明
夏の日はいつのまにかに来てるんだ
高崎車郷小3年 木村 季織
月曜日雨でもちものいっぱいだ
高崎堤ケ岡小3年 片山さくら
あせかいてみんなわらっていい気ぶん
高崎東小3年 池上 奈那
かたつむりはいいろ空見て歩いてる
高崎南小3年 矢島莉々子
水をはりたうえをしてるこつこつと
伊勢崎三郷小3年 河西こと音
のき下にささもちおいてのんびりや
東吾妻坂上小3年 山田 琉輝
門開きうぐいすがなく朝の歌
前橋大胡東小4年 田島 知修
すいかわりみんなでわって暑さとぶ
前橋大胡東小4年 千吉良雄人
雨の後すきとおる空ソーダ味
前橋下川淵小4年 松本 圭生
夏の空すごくきれいと見わたすよ
前橋城東小4年 池田 莉奈
ぼんおどり友達みんなでゆかたきて
前橋元総社南小4年 かないのあ
つゆの日にかさと仲よくなりたいな
高崎東部小4年 川上 大地
雨がふりプールが波だつ海みたい
伊勢崎赤堀東小4年 大高 和奏