文字サイズを変更する
小
中
大
 

ジュニア俳壇

選者・佐藤清美
2017年7月20日付 上毛新聞掲載 
せみのこえババのおうちにいきましょう
前橋白川小1年 小杉 泰雅
【評】まいとしなつになると、おばあさんのおうちにいくのかな。セミのこえがきこえると、はやくいきたくなりますね。
あまそうだ二つたべたいさくらんぼ
高崎吉井小2年 あき山さあや
【評】ほっぺがそまったようなきれいな色で、あまそうなサクランボ。二つといわず、いくらでも食べたくなります。
つゆの朝つづけて雨がふるふるる
前橋大利根小3年 一山 ゆい
【評】つぎの日の朝になっても、ふっているつゆの雨。「ふるふるる」という言葉は雨粒がダンスをおどっているかのよう。
ソーダーが体の中でおこってる
前橋山王小3年 山口 あん
【評】プチプチはじけるソーダーは、体の中でもはじけていそう。ソーダーが「おこってる」と思うのは面白いです。
てんとう虫ピカピカ赤いランドセル
前橋桂萱小4年 篠原 優花
【評】テントウムシの半球形の背中はピカピカ光り、なるほど赤いランドセルにも思えます。親しみがわきますね。
おととしの母の日買ったバラがさく
前橋駒形小4年 原沢 佳稟
【評】おととしバラは鉢で買ったのでしょう。もらったお母さんが植えかえて大事に育ててくれました。思いやりのバラ。
森の朝つのがかがやくカブトムシ
伊勢崎赤堀南小4年 江幡 海斗
【評】なんといってもカブトムシはあのツノですね。朝の森で、カブトムシのツノがほこらしげに輝きを放っています。
たんぽぽをふまないようにねてる犬
吉岡明治小4年 桜井 塁翔
【評】タンポポをふまないよう、よけて寝ているイヌ。写真で撮ればいいアングル。イヌにそんな気はないかもですが。
ありのぎょうれつまがってとおくののはらまで
前橋大胡小1年 ぬのしたしおり
なかよしといっしょにあるいた春うらら
共愛学園小2年 中村まひな
こう学年プールそうじでいそがしい
前橋荒子小3年 大沢  紬
アジサイは雨の中でも元気だな
前橋永明小3年 新井 華凛
大きな木人にもやさしいかげ作る
前橋山王小3年 みや下あおい
よそのねこさびしい時の友だちだ
前橋滝窪小3年 羽鳥 湊惺
ちくちくときゅうりのとげがいたいなあ
前橋原小3年 さいとうるな
つゆはじまるげんきいっぱいのみんなだな
前橋元総社南小3年 小林ゆらな
なつやすみプールにいくとひとおおい
高崎車郷小3年 野口たく海
いねのなえじゅんびをしている前の家
高崎馬庭小3年 西沢 翔人
かえる鳴くもうすぐ雨ふり知らせるよ
伊勢崎三郷小3年 川さきしゅう太
もうつゆだ雨晴雨のくりかえし
伊勢崎南小3年 宮崎あいり
山頂のひんやり空気の中歩く
前橋大胡小4年 布下 蒼梓
雨が落ちポタポタなってがっしょうだ
前橋大室小4年 萩原 澄和
山のぼり楽しいつらいいっぱいだ
前橋上川淵小4年 増田  蘭
空手の日スポーツドリンク飲んでいる
前橋下川淵小4年 梅沢華乃音
雨の日の朝はやっぱり外が暗い
前橋月田小4年 北爪 千理
六月の初めの日から暑くなる
前橋二之宮小4年 鳴海しゅう
野原から黄緑バッタがとび出すよ
前橋桃瀬小4年 大塚 陵生
かたつむりあじさいとであってこんにちは
伊勢崎坂東小4年 吉田 結南
のぼりぼう春の風景見えている
伊勢崎三郷小4年 新いま美花
(学校・学年は投稿時のものです)