文字サイズを変更する
小
中
大
 

ジュニア俳壇

選者・鈴木伸一
2017年9月21日付 上毛新聞掲載 
ままとごはんつくってたのしいなつやすみ
前橋大胡小1年 はせがわみさき
【評】なつやすみはいろんなことにチャレンジできますが、おかあさんのおてつだいをするのは、とくにすてきですね。
およぐことたのしくなった二年生
前橋荒子小2年 とこすみわかな
【評】2年生になって、1年生のときよりも、およぐのがぐんとじょうずになったのでしょう。よくがんばりましたね。
学校のはたけ気になる夏休み
前橋大胡小2年 うちだたかのり
【評】夏休み中は学校の畑のせわをだれがしているのか、気になるのです。でも、ちゃんと先生が見てくれていますよ。
つやつやのぼくがそだてたミニトマト
前橋山王小2年 さくらいじょうじ
【評】「つやつやの」という表現に、ちょっぴりとくいげな気持ちが出ていて、ほほえましい。とてもおいしそうです。
お家でねとれたきゅうりは夏の味
前橋桂萱小3年 よし野さ和
【評】自分の家で作っているキュウリは、おいしいですよね。暑い日などは、たしかに「夏の味」という感じがします。
いとこがねもう一人ふえた夏休み
前橋山王小3年 おかだりお
【評】夏休みの間に、いとこにあたる赤ちゃんがうまれたのです。思い出にのこる、うれしい夏休みになりましたね。
夏休みいっぱいとまったばあちゃんち
伊勢崎赤堀東小4年 田島 れな
【評】普段は離れて暮らしているおばあちゃんの家に、何日もとまったのです。楽しいことがいっぱいあったでしょう。
夏休み遊びつかれて昼寝する
伊勢崎三郷小4年 吉田 憲吾
【評】せっかくの夏休みだもの、疲れて昼寝をするくらいまで、思いきり遊びましょう。健康的な内容がいいですね。
せんぷうきみんなのために大いそがし
伊勢崎茂呂小4年 丹羽菜々美
【評】せんぷう機はみんなを涼しくするために、休まず回り続けています。何だか、お礼を言いたくなるくらいです。
あかとんぼ2ひきあそんであきがくる
前橋岩神小1年 上原 碧生(あおい)
あおいそらくもがきれいななつやすみ
前橋大胡小1年 さとうかんた
いもうとはぼくのまねしておべんきょう
前橋城東小1年 しんどうはるま
なつやすみはじめてだらけたのしいな
前橋城南小1年 やなぎさわことな
おほしさまはなびがいくよきをつけて
フェリーチェ玉村国際小1年さとうふみか
えんぴつでひとりえをかくつきのよる
みなかみ水上小1年 すだありあ
夏休みもうすぐおしまいとんぼとぶ
前橋荒子小2年 おの かほ
ジリジリとたいようのした海のうえ
前橋大胡小2年 木村 光き
夏まつりともだちのたいこひびいてる
前橋大胡小2年 三うらなお歩
夏まつりやぎぶしおどってあせをかく
前橋山王小2年 小林 ゆの
夏休みにっきをかくのはたいへんだ
伊勢崎赤堀東小2年 千しまゆ月
かきごおりとけるはやさにおいつかない
前橋原小3年 さかいだんのすけ
なつやすみおもいでづくりたのしいな
高崎倉賀野小3年 おくみなみ
あつい日に庭のきゅうりをまるかじり
伊勢崎茂呂小3年 広田 里咲
お空がね秋の雲にねなってきた
前橋荒子小4年 千木良 駿
秋風が空にはばたき遊んでる
前橋桂萱小4年 篠原 優花
波の音テントの中で子守り歌
伊勢崎赤堀東小4年 金井しょあ
せんぷうきつめたい風をまいている
伊勢崎広瀬小4年 まぶちよう生
友だちをふやしてあげよう金魚すくい
伊勢崎三郷小4年 志塚 十和(とうわ)