文字サイズを変更する
小
中
大
 

ジュニア俳壇

選者・鈴木伸一
2016年11月10日付 上毛新聞掲載 
あきのかぜつばさひろげてとんでいる
前橋大胡小1年 ちばみのり
【評】秋の風に、つばさがあるとそうぞうしたのがすばらしい。みのりさんも、風といっしょに空をとんでいるみたい。
じいちゃんとほしがきつくりたのしいな
前橋山王小2年 おか田ゆうた
【評】カキをほすじゅんびをしながら、おじいちゃんといろんなことを話します。その時間が、とてもたのしいのです。
赤ぎ山今日はしっかり顔みせる
前橋荒子小3年 とみいはるか
【評】くもりや雨の日には見えない赤城山が、きょうは晴れて、きれいに顔をあらわしました。「しっかり」が楽しい。
秋の風だれかがよんでるちいさなこえ
前橋永明小3年 さくらいさえか
【評】そよそよとふく秋風の中、小さな声が聞こえます。よんでいるのは友だちでしょうか。あるいは、秋の妖精かも。
さむい日にお母さんのうわぎ温かい
前橋大胡小3年 さいだゆうか
【評】寒いので、お母さんが着ていた上着をかりて、はおったのでしょう。お母さんのぬくもりに、心がほっとします。
とんぼがね友だちになりたいいっている
前橋桂萱小3年 相川菜々香
【評】トンボって、すっと人の近くにとんできたりします。たしかに、友だちになりたいと思っているように見えます。
とんぼくんともだちたくさんいていいな
前橋桂萱小3年 原沢 未奈
【評】むれをなしてとぶトンボを見て、みんなが友だち同士に思えたのでしょう。気持ちがすなおに出ているのがいい。
帰り道どんぐりみつけ木をさがす
前橋桂萱小3年 ほしのなおと
【評】帰り道でドングリを見つけました。あたりを見まわし、どの木から落ちてきたのか、いろいろとさがしてみます。
夕飯はまっ白ご飯新米だ
前橋下川淵小4年 中村 美輝
【評】新米をたいたご飯は、つやつやとして、いかにもおいしそうです。幸せな気分が、とてもよく伝わってきます。
うんどうかいそばでみてたよおおけやき
前橋大胡小1年 うちだたかのり
うんどうかいダンスをみてたおとうさん
前橋下川淵小1年 ほそのゆな
森の中風がいっぱいふいている
前橋大胡小2年 金子 みゆ
うちのいぬさんぽと言うとみみあがる
前橋山王小2年 西村 風月
さつまいもほったらねっこざんねんだ
高崎吉井小2年 宮前寿々佳
きんもくせいにおいがお庭にたまってる
前橋大胡小3年 ぬの下あおし
とんぼとね友だちみたいに帰ったよ
前橋桂萱小3年 伊東 莉那
帰り道家まで歩き秋の風
前橋桂萱小3年 こぐれたいぞう
秋の風ボールをけった夕日見た
前橋桂萱小3年 船津 華蓮
秋の日よ予定まんぱいカレンダー
高崎南小3年 若林 和敬
まっかだなにわに1本もみじの木
前橋大胡東小4年 田島 知修
葉っぱがね自分の後ろついてくる
前橋山王小4年 田村 朋花
秋の空いろんな物が見えてくる
前橋月田小4年 中そ根かえで
さむい朝風もいっしょに学校へ
前橋桃木小4年 深津 茉莉
山登りすんだ秋空近づいた
東吾妻原町小4年 小池 初葉(そよ)
はれる朝空見てあらうかおきれい
南牧小4年 市川 晴菜