文字サイズを変更する
小
中
大
 

ジュニア俳壇

選者・佐藤清美
2016年12月15日付 上毛新聞掲載 
かきのきがおきがえしたよみをとって
前橋大胡小1年 うちだたかのり
【評】たくさんみのっていたオレンジいろのカキ。みをとったら、かれきのようなすがたに。まるでおきがえしたよう。
くりひろいみつごのかおがわらってる
伊勢崎三郷小2年 大くまひでのしん
【評】みつごはイガの中にみっつならんでいるクリのことですね。「ああ見つかっちゃった」とわらっているのかしら。
友だちが1234567とできていく
富岡西小2年 せき口る歩
【評】ふえていく友だちを数字であらわしたのが面白かったです。891011とどんどんふえていくとうれしいですね。
お兄ちゃんはな歌うたっておさいほう
前橋山王小3年 松本 紗佳
【評】はな歌をうたっておさいほうをしているお兄さん。はりと糸をつかうのもなれているのでしょう。かっこいいです。
さつまいもいろいろへんしんしちゃうんだ
前橋元総社南小3年 小野里陽菜
【評】へんしんはサツマイモの料理のことでしょうか。いもけんぴやスイートポテトなど、おいしくだいへんしんです。
もみじの葉風といっしょに鳴いている
前橋二之宮小4年 下境 大輝
【評】「風といっしょに鳴いている」に風情があります。もみじが風にふかれて立てる音。秋のさびしさを感じさせます。
秋のかべどんどんぬけて冬がくる
伊勢崎宮郷小4年 深沢 ゆい
【評】季節が変わっていくことを、次の季節がかべをぬけてくることだと感じたのが面白い。どんどん冬が近づいてきます。
あそんでねあそびおわってくっつきむし
前橋永明小1年 あらいまお
うんどうかいりれえのせんしゅはひのように
前橋山王小1年 おおつきちなつ
あきのかぜしあいでかったよおにいちゃん
伊勢崎赤堀東小1年 たなかみうな
ゆれてるよすすきがみんなでおどってる
前橋大利根小2年 一山 ゆい
せいでんきパチッと白く光ったよ
前橋下川淵小2年 中林りょうま
もみじがねぼくの頭にひと休み
前橋大胡小3年 お林ゆうと
さつまいも外はさむいがあたたかい
前橋上川淵小3年 宮内 真央
お兄ちゃんもうふわけてよわたしにも
前橋山王小3年 高橋 虹乃
どんぐりでどんぐりがっせんいたいよね
伊勢崎北二小3年 千明こうき
冷えこんで来たけどまだまだ秋ですよ
高崎中川小3年 榛沢 美羽
すず虫のなき声風にのっていた
沼田東小3年 浦川 秋花
お父さんとさんぽをしながら月見るよ
前橋大胡小4年 木島さやか
ススキの葉すけてる風にゆられてる
前橋下川淵小4年 今井 裕子
山の上から見たらすごいよこうようだ
前橋城東小4年 五十嵐夢乃
黄葉はみんなでいくと明るいな
伊勢崎赤堀東小4年 井口くるみ
秋の空色はうすくて雲いっぱい
伊勢崎境采女小4年 井上 鼓心
こたつだす?まいにちおこなうかぞくかいぎ
伊勢崎宮郷小4年 下田りりい