文字サイズを変更する
小
中
大
 

ジュニア俳壇

選者・佐藤清美
2017年3月16日付 上毛新聞掲載 
みんながねカイロをもってとうこう中
前橋永明小1年 あらいまお
【評】みんな、さむいなかをがんばってとうこうしていたのだなあと、おもいました。カイロにあたためられましたね。
おさかなはいつもさむそうおよいでる
前橋元総社南小2年 野田りゅう正
【評】近所にさかなのすむ池があるのでしょう。いつも見るとさむそうなさかなは、しんぱいになってしまいますね。
せつぶんはまめがこつこついたすぎる
高崎佐野小2年 こぐれきょうすけ
【評】「こつこつ」はまめが体にあたる音ですね。「こつこつ」というかたい音は本当にいたそう。あてられたくないです。
おもちつきむねがワクワクきねの音
高崎多胡小3年 井上 まゆ
【評】きねでおもちをついている音ですね。つきたてのおもちを食べるところを想像すると、むねがワクワクしてきます。
風がふきマフラーに首をちぢめたよ
前橋大胡小4年 松井ななみ
【評】「マフラーに首をちぢめた」という言葉で、寒いと言っていなくても、どれだけ風が冷たかったかが伝わってきます。
しも柱ふむと氷が大さわぎ
伊勢崎赤堀東小4年 いとうあやと
【評】「大さわぎ」という表現がじょうずです。しも柱を何回もふんで、たくさん音をたてたようすが想像できます。
雪がふり空から声がふってくる
藤岡鬼石小4年 清水 一颯
【評】空からふってくる声は、雪の声でしょうか。雪は地上におりながら、わたしたちになにかをささやいているのかも。
ふくじゅそうにげんきをもらってしんがっき
前橋大胡小1年 ちばみのり
ゆきだるまさわりたいけど手がさむい
前橋桂萱小1年 にしざわめいか
いぬのおさらみずをいれたよこおったよ
前橋下川淵小1年 もち田きよはる
おわったらにくまん食べるぞスイミング
前橋下川淵小2年 中林りょうま
はつ日の出まっかな朝日が空をぬる
高崎金古南小2年 山田あお人
早くおきてつめたいこたつさむくなる
高崎佐野小2年 まつ田ゆうな
ふゆのひにガラスがくもってえをかいた
伊勢崎北二小2年 たかはしせいあ
せつぶんでおにたちみんなさようなら
前橋天川小3年 村上さやか
たこあげでみんなのえがおがならんでる
前橋大胡小3年 千木良こころ
しもやけの手をさすってくれるお母さん
前橋大胡小3年 布下 蒼梓
冬の空つめたい道は風通る
前橋桂萱小3年 しのはらゆか
なわとびの名人めざしそとにいく
伊勢崎三郷小3年 長谷川理のか
ゆきだるまみんなたのしくゆきの中
前橋岩神小4年 青柳 陽太
風をきりたくさんやるぞ二重とび
前橋山王小4年 江沢 なお
みあげれば空が笑ったあたたかい
前橋山王小4年 狩野 愛和
山さんもおふとんかぶっておやすみだ
前橋細井小4年 大塚 悠太
山の雪太陽光ってはんしゃする
高崎金古南小4年 田中 昂成
雪がふり花びらのように落ちていく
伊勢崎境小4年 久保田菜月
朝の道山を見れば雪げしき
伊勢崎境采女小4年 浅見 星那
だるま市目の前だるまでいっぱいだ
伊勢崎坂東小4年 佐藤 悠仁
妙義からふくからっ風冷たいな
富岡西小4年 内山 夏希
やねの下小さいつららのぞいてる
東吾妻原町小4年 丸山 浩輝