文字サイズを変更する
小
中
大
 

ジュニア俳壇

選者・佐藤清美
2017年4月13日付 上毛新聞掲載 
ランドセルわたしといっしょ二ねん生
前橋山王小1年 しもだゆりこ
【評】1ねん生だからこそ、ランドセルといっしょに2ねん生になれるのがうれしいのです。だいじなランドセルです。
ふくろさんかぜがつよいとおにごっこ
前橋大胡東小2年 小玉 太陽
【評】わたしもおにごっこをしました。ふくろは強い風にとばされて、おいついたと思ったら、またとばされるのです。
ろう下でねつめたい空気ぞくしゅつ中
前橋大利根小2年 すが原心か
【評】「ぞくしゅつ中」が面白い。ろう下では、まるで冷たい空気がつぎつぎに生まれているかのようだったのでしょう。
さむい冬やっとおわったでもさみしい
沼田東小2年 まつもとあまね
【評】とてもさむい冬だったのでしょうね。春はうれしいけれど、冬の楽しい遊びができなくなるのはさびしいですね。
シャボン玉長くとんでけ虹色に
前橋天川小3年 村上耕太郎
【評】すぐにこわれてしまうシャボン玉ですから「長くとんでけ」と願わずにいられません。美しい虹色をかがやかせて。
三学期みんなの名札ボロボロだ
高崎南小3年 若林 和敬
【評】1学期からつけている名札なのでしょう。3学期にボロボロなのは、みんながよく動いたあかしでしょうね。
ひなまつり男子はみんなあられ喰う
高崎堤ケ岡小4年 ふなとれん
【評】ひなまつりでは男子はおひなさまを見るでもなく、ひなあられを食べるしか、することがないのでしょうね。
春のこえどんどん春がやってくる
伊勢崎宮郷小4年 おかにわそうすけ
【評】春が「やあやあ」とあいさつしながらどんどんこちらにやって来て、いつの間にか春にとり囲まれているかのよう。
ながなわがぱちぱちはねるおときれい
前橋元総社南小1年 つくいさき
はるやすみなにをしようかなやんでる
高崎佐野小1年 なんば空のすけ
春になる犬のさんぽもあたたかい
前橋山王小2年 たむらななこ
はじめてのキャッチボールだおとうさん
共愛学園小2年 小渕りょう
はるが来てみつばちとんでにぎやかに
高崎馬庭小2年 あざ見ゆいか
ひかりの日きらきらぐんぐんそだっていく
富岡西小2年 高木ゆうき
雪の山足あとだけでシカみれず
前橋天川小3年 伊藤 颯飛
あらかわいいおとなりさんのシクラメン
前橋荒子小3年 いいづかすず
ひなあられ食べる妹おひなさま
前橋大胡小3年 布下 蒼梓
白い息おそろいのわっかつなげてく
前橋桂萱小3年 しのはらゆか
消えないでにじがかかった赤ぎ山
前橋山王小3年 矢端 将也
雪だるま作るの大へんすぐ消えた
前橋滝窪小金丸分校3年 佐藤 亜紀
春が来ていちねんせいおめでとう
前橋二之宮小3年 石いそう真
こたつの中ネコのしっぽかくれてる
伊勢崎赤堀東小3年 きくちきらら
学校でさくらがさく日を待っている
伊勢崎北二小3年 東とくたろう
春休み岐阜のいとことまた会える
前橋荒牧小4年 石田 優來
くしゃみをね犬と同時にくしゅんとね
前橋月田小4年 すとうりんか
山のぼり歩くと雪の道いっぱい
前橋月田小4年 星野 杏林
ばあちゃん家熱い豆ふみみそ作り
高崎城山小4年 清水  葉
ともだちとうんていするとつめたいよ
伊勢崎境采女小4年 さとうゆうか
こしあげる寒いといってまたすわる
伊勢崎宮郷小4年 畑中りゅう
春の月あったかそうな色してる
伊勢崎宮郷小4年 牧野 香澄
(学校・学年は投稿時のものです)