文字サイズを変更する
小
中
大
 

ジュニア俳壇

選者・鈴木伸一
2017年5月18日付 上毛新聞掲載 
すべりだいにのったらさくらのきがきれいだった
前橋荒子小1年 ふかやそうた
【評】すべりだいにのぼったら、サクラがちかくにみえて、とてもきれいでした。それをすなおにかいたのがよかった。
イースターれいはいしたよ春のあさ
共愛学園小2年 たかはしかな
【評】キリスト教のおいわいの日であるイースターの朝に、学校でれいはいをしたのです。いいけいけんをしましたね。
いちねんせいおさんぽしてる春のひる
共愛学園小2年 てしがわらはやと
【評】学校ができて2年目の春がきました。さんぽをする新1年生をやさしい目で見ている、せんぱいのはやと君です。
さくらの下しゃしんをとっていいえがお
前橋山王小2年 中じま千えり
【評】まんかいのサクラの下で、クラス写真をとったのでしょう。サクラがきれいなので、みんないい笑顔になります。
あおいそらたんぽぽたちがみあげてる
前橋駒形小3年 星野 晃希
【評】タンポポたちは、いつかわた毛になってとんで行く日を思いながら、青空を見上げているのかもしれませんね。
しん校しゃきれいでたのしいそうじもね
前橋元総社南小3年 とどう大せい
【評】校舎が新しくなると、しぜんと心がうきうきしますね。そうじも楽しいという気持ち、とてもよくわかります。
ワクワクとじゅぎょうをまつよえんぴつが
前橋大胡小4年 さいだゆうか
【評】ふで箱のえんぴつが、わくわくと授業を待っているというのです。もちろん、ゆうかさんもわくわくしています。
庭の木が暑いですねと話してる
前橋山王小4年 金子あまね
【評】いまの時季は、気温が急に上がることがあります。そんな日の木の様子を、人間のように描いたのがおもしろい。
とうこう中みんなえ顔で風光る
沼田東小4年 生方 優里
【評】「風光る」は、いかにも春らしい明るさを持った季語。登校はんのみんなの笑顔も、きらきらとかがやきます。
あすぱらがみんなでおんなじほうをむく
伊勢崎三郷小1年 かわさきれいな
なの花はひかりのようにかがやくよ
前橋大胡小2年 ちばみのり
おさんぽで土手にいったよ春のかぜ
共愛学園小2年 かんけこう
えいごでねじぶんの名まえ春うらら
共愛学園小2年 ごかんここな
たんじょう日パパがのんびり春うらら
共愛学園小2年 さかもとりおん
お空がねみずいろの中ねむってる
前橋荒子小3年 大さわあいり
春がきたうれしい春だやさしい春だ
前橋永明小3年 せき口わか
はるのかぜそらとだいちととりのこえ
前橋駒形小3年 関口 陽平
しばざくらまほうのじゅうたんきれいだな
前橋原小3年 くり原せいや
こいのぼり自分でつくってたのしいな
前橋元総社南小3年 水野ひなた
ケンカしたわたしをさくらがはげました
富岡西小3年 田島 心亜
おはかまいりたんぽぽたくさんさいていた
前橋大胡小4年 布下 蒼梓
ランドセルサクラの花びらおみやげだ
前橋山王小4年 青柳 紗耶
初夏の空陽がまぶしいなとこいのぼり
前橋山王小4年 細野誠太郎
新しいクラスに入ると風光る
沼田東小4年 浦川 秋花
とうこうで一年生と手をつなぐ
沼田東小4年 小寺来瑠美
(学校・学年は投稿時のものです)