文字サイズを変更する
小
中
大
 

ジュニア俳壇

選者・佐藤清美
2017年6月8日付 上毛新聞掲載 
うしろににこにこおひさまいっぱいだ
前橋荒子小1年 よしだのぞみ
【評】おひさまのひかりが、せなかにあたっているのでしょう。にこにこしたおひさまを、せなかにいっぱいかんじます。
土手までねさんぽにいった春のかぜ
共愛学園小2年 みやざきりく
【評】冬のあいだは土手まではおさんぽにいかなかったのでしょう。土手にふいていた春の風はきもちよかったでしょう。
はるになるたった今から二年生
伊勢崎北二小2年 本まみゆう
【評】4月1日に作ったのかな。進級するのが楽しみだった春休み。「たった今から」なれた2年生、うれしかったですね。
森の中じぶんをかこうとりのこえ
吉岡駒寄小2年 たかはしほのか
【評】森の中で自分が鳥の声に囲われたのですね。いろいろな鳥が鳴き交わしている森の中、不思議な気持ちになります。
なの花がぐんぐんのびるせのびみたい
伊勢崎赤堀東小3年 いまいめい
【評】ナノハナを毎日見ていたのでしょう。みんながするせのびにたとえたことで、ナノハナの成長が実感されます。
つばめさん引っこしするの学校に
前橋荒子小4年 金丸 めい
【評】ツバメがやってくることを「引っこし」と表現したのが楽しいです。学校に来てくれて、うれしかったですね。
グアオゥーとライオンみたいなスイセンだ
伊勢崎三郷小4年 綿貫 加乃
【評】「グアオゥー」という鳴き声が面白い。確かにスイセンの花は、ライオンが雄たけびをあげる顔のように見えますね。
はながさくそしてつぎの花はあさがおだ
前橋永明小2年 よこやますずき
はるかぜにのせてもらって空のたび
前橋大胡小2年 にしかたなおき
ランドセルピカピカひかる子どもたち
前橋粕川小2年 中じま千ひろ
くさむしりママのしごとがふえるはる
前橋山王小2年 うち田早き
カワセミがやまでないたよひびいたよ
前橋山王小2年 し水 にこ
マラソンで春かぜふいてよーいドン
前橋山王小2年 はし本あゆか
しばざくらゆきのようにつもってる
藤岡美土里小2年 中野  華
おんせんにさくらがいっぱいさいていた
榛東南小2年 小のぜきこなつ
きのうよりきいろくなったねむぎのほが
前橋下川淵小3年 中林りょうま
お花見の桜のしゅるいは何だろな
前橋原小3年 柏  ゆり
はるのかぜぽかぽかしてるぼくたちも
前橋原小3年 酒井暖之助
ナズナをねならしてみればリンリンだ
伊勢崎赤堀東小3年 白田 みゆ
野球終え麦茶ごくごくもう一ぱい
伊勢崎三郷小3年 川崎 秀太
ポストはね紙を食べちゃうヤギみたい
前橋岩神小4年 高橋  悠
はるのかぜぽかぽかくうきせいてんだ
前橋永明小4年 金井 春樹
ねぎぼうずみんななかよくならんでる
前橋駒形小4年 福嶋 爽香
しゃぼん玉人のえがおがはいってる
沼田東小4年 近藤 莉奈
シャボン玉入ってみたい玉の中
藤岡美土里小4年 中野  桜
(学校・学年は投稿時のものです)