文字サイズを変更する
小
中
大
 

ジュニア俳壇

選者・佐藤清美
2017年8月3日付 上毛新聞掲載 
じゆうじかんもあちゃんともぐってぶくぶくぶく
前橋荒子小1年 せまはづき
【評】すいえいのじゅぎょうちゅう、じゆうじかんは、じゆうにおよげますね。おともだちともぐりっこは、楽しいです。
あさがおにはやくあいたいみずをやる
前橋山王小1年 しらいしゆうと
【評】たいせつにそだてているアサガオ。ほんとうに、はやくさいたはなをみたいですね。こころをこめておみずやり。
プールにねずっといたいよやすみなし
高崎車郷小2年 まつながしおり
【評】プールではあんぜんのために、きゅうけいのじかんがあります。からだをやすめながら、楽しく泳ぎましょうね。
おかあさんきょうはプールはいります
フェリーチェ玉村国際小2年 ほそやひおり
【評】お天気や気温で、まだプールに入れたり入れなかったりした時季でしょう。プールに入れる日、うれしいですね。
白いくもせおよぎをしておいこした
伊勢崎三郷小3年 おなやほのか
【評】背泳ぎをして空を見上げれば、雲と競争しているかのよう。白い雲をおいこして泳ぐのは気持ちよさそうです。
せんぷうきくびまわしして息はいて
前橋岩神小4年 高橋  悠
【評】「くびまわしして息はいて」がいいですね。首ふりをして風を送っているせんぷうきが、たいそうをしているよう。
うかんでるトマトみたいな水泳ぼう
前橋駒形小4年 原沢 佳稟
【評】人のいないプールに、浮かんでいる水泳帽。まるでトマトが浮かんでいるよう。だれのものなのか気になります。
日ざし照るみどりのカーテンおさえこむ
高崎南小4年 福田 彩乃
【評】日ざしをさえぎるためのみどりのカーテン。みどりのカーテンで、日ざしの熱さをがっちりおさえこむのですね。
こいむらさきわたしのなすはあまいかな
前橋山王小2年 はし本あゆか
同じところでころぶじぶんがかわいそう
前橋二之宮小2年 まつ田りん
朝がおが草の中からめを出した
高崎城山小2年 きくちえにし
つゆだけどなつの日もあるよ雨ふるよ
伊勢崎宮郷小2年 中じませいご
子どものはぐらぐらゆれて気になるよ
沼田東小2年 金井あおば
まどからね風がすきとおるわたしの家
前橋永明小3年 山田かんな
夏まつり夏のきものきてやるぞ
前橋上川淵小3年 矢部 悠斗
ささ船や小ぶねも川にながれてる
前橋下川淵小3年 あさかしゅんすけ
つゆすぎて夏の太陽てりつづく
前橋城東小3年 橋本 陽生
あの木はねすずしくゆれてるポプラの木
前橋原小3年 大さわかのん
みんなとねあそぶとあせがきらきらと
前橋元総社南小3年 小川みさき
夏の空友と見るとちょっとうれしい
伊勢崎茂呂小3年 長谷川佑樹
クローバーいいことあるよおまもりに
渋川三原田小3年 南雲 結衣
雨の日は中でゆっくりおちつくよ
富岡西小3年 高木ゆうき
ゆうやけはきれいにひかるひかりだま
本庄児玉小3年 広川 苺奈
たいようがじりじりてりつつプールで泳ぐ
前橋永明小4年 川田 は月
めだかの子雨といっしょにフラダンス
前橋城南小4年 松本 羽菜
つ雨のじきろう下に一つのてるぼうず
前橋月田小4年 す田はるか
かみなりが夜中に鳴ってねむれない
高崎堤ケ岡小4年 片山さくら
いろいろな味をまぜたいかき氷
桐生桜木小4年 高野 烈央
家の中鳴るすずしさよふうりんで
伊勢崎あずま小4年 関口 陽菜
お母さん梅酒作った日曜日
沼田東小4年 生方 優里
(学校・学年は投稿時のものです)