文字サイズを変更する
小
中
大
 

富岡製糸場と絹遺産群 世界遺産登録

繭玉飾りで製糸場に彩り 富岡 伝統的な小正月行事 

更新日時:2017年1月8日(日) AM 06:00
 小正月の伝統行事で養蚕農家が繭の豊作を願う「繭玉飾り」が7日、群馬県富岡市富岡の富岡製糸場東置繭所に飾り付けられた。観光客も加わり、ヤマボウシの木を3色の団子で華やかに彩った。

 米粉で作った白、赤、緑の団子を、約3.5メートルのヤマボウシの木に付けていった。団子は約800個用意し、観光客も体験して伝統行事に触れた。初めて製糸場を訪れた埼玉県戸田市の保田有希子さん(47)は「付けると心が洗われるよう。いいことがありそう」と話した。

 養蚕農家らでつくる甘楽富岡蚕桑研究会が、2007年から続けている。高橋純一会長(68)は「昨年は秋の長雨の影響で増産できなかった。今年は豊作の年にしたい」と話した。

 飾りは15日まで同所に置かれる。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

多くの人の手で団子が付けられた繭玉飾り

  • 上毛新聞を購読する
  • 上毛新聞に広告を載せる
URLを携帯へ転送 右のQRコードから上毛新聞モバイルサイト「じょうもばいる」にアクセスできます