文字サイズを変更する
小
中
大
 

富岡製糸場と絹遺産群 世界遺産登録

江戸末期の神保家住宅 県重文 観光拠点に 中之条 

更新日時:2017年4月27日(木) AM 11:00
 群馬県中之条町は、3月に県の重要文化財に指定された江戸時代末期の大規模民家、神保家住宅(同町岩本)を取得し、活用に乗りだす。

 養蚕農家の建造物として文化的価値が高い母屋や書院(離れ)を耐震補強し、建物内を観光客らに見学してもらうようにするほか、蔵や物置も改修してイベント会場や物産販売などの場とする考え。2、3年かけて工事を進め、地域交流や観光の拠点にする。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

中之条町が取得し、整備を進めることになった県重文の「神保家住宅」(町提供)

 

 

  • 上毛新聞を購読する
  • 上毛新聞に広告を載せる
URLを携帯へ転送 右のQRコードから上毛新聞モバイルサイト「じょうもばいる」にアクセスできます