文字サイズを変更する
小
中
大
 

富岡製糸場と絹遺産群 世界遺産登録

高山社跡長屋門に藤岡瓦 伝統製法で修復 

更新日時:2017年5月15日(月) AM 11:00
 世界文化遺産、高山社跡(群馬県藤岡市高山)にある長屋門の修復工事で、市は、市内に残る伝統製法の藤岡瓦を活用する。

 江戸初期建造の長屋門は、地元産瓦が使われていたとされるが、伝統の製法を引き継ぐ業者が限られ、修復に際して忠実に往時の姿を維持できるか微妙な状況だった。市や関係者は「長屋門が藤岡の伝統産業を後世に伝える遺産にもなる」と期待を寄せている。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

だるま窯から瓦を取り出す五十嵐清さん

  • 上毛新聞を購読する
  • 上毛新聞に広告を載せる
URLを携帯へ転送 右のQRコードから上毛新聞モバイルサイト「じょうもばいる」にアクセスできます